メニュー 閉じる

ずとまよのライブで見たアレがずっと気になっている─Open Reel Ensemble─

こんにちは。

最近はKing Gnuの常田大希が可愛くてしょうがない古衣です。

久しぶりの更新です。ネタが無いわけではなく新年一発目の記事はどれが良いのか悩んでいたらこんな時期になってしまいました。

で、悩んだ結果。

昨年気になったものについての記事を書くことにした。

驚くほどに安直。ネタが無いわけないじゃないという発言の説得力がみるみる消えていく。

ま、そんなことは気にせず昨年俺が一番心にひっかかっていたもの、ミュージシャンを紹介しましょう。

それはOpen Reel Encembleだ。

俺がOpen Reel Encembleを初めて見たのはフジロック’19だった。ずっと真夜中でいいのにのステージを見てたら何か奇妙な装置使ってるのが嫌でも目についた。パッと見はDJのスクラッチをもっと立体的に演じてるような感じ。ずとまよ面白いことやってるなあ、て思いながら見てたけどまさか舞台装置ではなく単体で音楽グループだったとは…。

世の中まだまだ知らないものが多い…。

それにしてもOpen Reel Encemble。面白い発想である。下手したら子供の悪ふざけで終わりそうなことを立派に音楽として成立させている。

何がきっかけでテープレコーダーを引っ張り出してぶっ叩こうと思ったのだろうか?この演奏方法に行き着いた経緯がさっぱり分からないところが超ポイント高い。

こういうヨーロッパでウケそうな前衛アート的音楽、俺は大変好きです。

これとか本気で狂気を感じる。

絵面が強すぎ。

ずとまよ以外がコラボしたら会場異様な雰囲気になりそう。

なんというか一人で夜にお酒飲みながら聴きたいよね。こういうカオスな音楽は。

さて、ご覧の通りYouTubeに彼らのチャンネルがあるので興味沸いた人は見てみてほしい。テープタップ奏法やらテープレコーディオンやら見たことも聞いたこともないオリジナリティ溢れる発想の数々を見ることが出来る。それからあえて載せなかったけどライブ映像なんかもあります。とてもクールなのでこちらも要チェックです。

ではでは。

The following two tabs change content below.

古衣

バンドとボカロ好きが高じてブログを書いたりDTMをしてすごしています。