メニュー 閉じる

DIR EN GREY京のデスボイスはどこが凄いの?という疑問に答えよう

去年か一昨年くらいからYouTubeでスクリーマー(デスボイスを使うボーカリスト)のまとめ動画をよく見かけるようになった。”日本人アーティストのデスボイス”みたいなやつね。

外国人の上げた動画にも似たようなのがあるんだけどもちろん海外アーティストが中心。そんな中でただ一人、日本人が取り上げられていた。

DIR EN GREYである。

て言うか国内外問わずスクリーマーのまとめ動画で京が出てこないことがほぼ無い。

これに関してデスボイスに慣れ親しんでいる人ならあまり違和感を感じない。むしろ当然だとすら思う。

何故ならそう思う人達は調子が良いときの京の喉に魔王が住んでいることを知っているから。

ただデスボイスにそこまで詳しくない人はそうは思わない。

  • 「何で京ってこんなに評価されているの?」
  • 「凄いのは凄いけど何がどう凄いの?」

こんな疑問を抱くのが自然だろう。

そんなあなたに今回は京のデスボイスの凄いところを2つ説明しようと思う。

準備はよろしいだろうか?

(出来てなくても勝手に始めるけどね)

【その1】シンプルにデスボイスの幅が広い

この記事を読んでいる人はもちろん知ってるかも知れないけど念のため説明しておくと、デスボイスにはいくつか種類が存在する。

主に音域の高低で分類されるんだけど高い方から順にスクリーチグロウルガテラルという3種類に分かれる。ここからさらにガテラルの中でも息を吸いこんでゴボゴボという声を出す下水道ボイスとか色んな派生が出てくるわけである。

で、京はこの多様なデスボイスを器用に使い分けている。

大抵のボーカルはスクリーチだけ使ったりたまにグロウルを混ぜる程度であまり幅広い声の使い分けはしない。

皆さんがカラオケで裏声と地声の切り替えが多い曲を歌うときに難しく感じることがあると思うがデスボイスも同じ。声の切り替えは大変な作業なのです。さらに言えば吐いたり吸ったりする息の量が普通の歌唱と段違いなため喉の負担も大きい。

それを京はやってのけているのです。

だから凄い。

喉にエフェクターでも付いてるんじゃないかこの人。それかもはや声帯が声帯じゃなくなってて新種の楽器になっているのでは?

【その2】異質なホイッスルボイス

ホイッスルボイスというのは読んで字のごとく乗り物の警笛みたいな超高音ボイスのこと。出せる人は結構いる。

いるんだけど京みたいなホイッスルボイスを出せる人は見たことがない。

ホイッスルボイスには構音型気流型という2種類の発声方法があり京が使っているのは気流型。構音型のホイッスルボイスが伸びやかな高音なのに対して気流型は「キョワワワワワッ!」みたいなうねりのある高音であるところが大きな違い。(詳しく知りたい人はYouTubeで”ホイッスルボイス 出し方”で検索だ!)

気流型は喉を閉鎖して発声するので荒々しさのある響きが生まれるものなんだけど京のホイッスルボイスはその度合いが並みじゃない。

エッジボイスが含まれ過ぎててもはや超高音のスクリーチと言っても差し支えない異質な声になっている。

もともと喉を閉鎖する分、しっかりとした声量を出すには喉への負担が大きい気流型なのに京はさらにパワーのいる発声をしている。

高音シャウトをかじったことがある人は分かると思うけどこれはとんでもないことだ。想像しただけで喉がぶっ壊れそう。

やっぱり京の喉には魔王が住んでいるのだ。

【ポイント2つを確認したうえで京のスクリームを聴いてみよう】

簡略にではあるが京のデスボイスの凄いところを確認したうえで実際に聴いてみよう。

本当は公式の動画を載せるべきだろうけど世界的に注目度が上がっているし色んな批評家YouTuberが取り沙汰しているし京の凄さが非常に分かりやすいのでダウンロード・フェスティバルでのライブ映像を載せることにする。

グロウル→スクリーチ→ホイッスル→地声サビ。切り替えが忙しないのに見事にやってのけているのがお分かりいただけただろうか?

ノーメイク時の京を阿部サダヲ呼ばわりして笑っている奴等はまとめて反省しろ。こんな化け物みたいな阿部サダヲがいてたまるか。

【京の本当に凄いところ】

京のデスボイス凄いよ、とさんざん述べてきたが最後の最後に京の本当に凄いところを説明したい。

それは京がもとから天才的な発声能力を持っていた訳ではないということ。音域の広さは生まれ持ったものが多少はあるだろうけど巧みな声の切り替えであるとか独特なホイッスルボイスだとかは京の長年の努力の結晶なのである。

調子悪いときはとことん調子が悪いが良いときは超絶無比なパフォーマンスが出来るのが京。そしてそんな京を作り上げたのは京自身の努力である。

京のデスボイスに興味を持ったそこのあなた。今度は京という人間そのものに興味を持ってみてはいかがでしょう?

ではでは。

The following two tabs change content below.

古衣

バンドとボカロ好きが高じてブログを書いたりDTMをしてすごしています。