メニュー 閉じる

平沢進にハマりたいけど躊躇してるって話

こんにちは。

休日をYouTubeによるフジロック配信を見て潰してしまった古衣です。

もったいないことした。誰か誘って天気の子とかスパイダーマンとか映画を見に行けばよかったなぁ、と後悔してる。

そもそもフジロックのラインナップって海外ミュージシャンが多いし激しいバンドよりエモーショナルなバンドが出演しがちだし個人的に微妙に好みとズレてるんだよね。(ただMartin Garrixは滅茶苦茶好きなのでガン見した)

さて、そんな感じでダラダラとフジロック見てたわけだけど出演者の中で「ん?この人出てたの?」と仰天した人物がいた。

平沢進である。

f:id:mspemg20:20190729010654j:image

ダメだろ。

平沢出ちゃダメだろ。

会人(読みはえじん。両隣のペストマスクのギタリスト。物知りが情報まとめてくれてるからググろうね)もいるじゃん。

ダメだろ。

世界観が異質すぎるんだよ。

ステージの最中、あんたの口から紡がれた言葉で理解できたの最後の「ありがとう」だけだよ。頼むから人間様のレベルまで降りてくる努力をしてくれ。

f:id:mspemg20:20190729010614j:image

画面越しに見ても会場の雰囲気が異様なのが分かる。もう見てる人の中で前のステージのこと覚えてる人いないでしょ。可哀想だと思わないのか平沢。フジロックはあんたのワンマンライブじゃないんだぞ。

とまあ冗談はさておき、曲はめちゃくちゃ格好いい。そこはやはり電子音楽、テクノの第一人者。ちょっと味付け程度に電子音使ってる若者バンドとは練度が違いすぎる。グルーヴ感で酔いそう。ケミカル・ブラザーズや前述のマーティンら世界規模で活躍してるアーティストに全く引けをとっていない。

俺はもともと平沢進嫌いじゃないしいつかしっかり聴こうと思っていたんだ。で、今回のフジロックのステージ見てハマろうかなと思ったわけ。

ただ実際に見ると痺れるほど格好いい平沢進だけど、彼に対する一般的な認識は”何か変な人やオタクやだいぶ拗らせたおじさん達に人気がある変なおじさん”だと思う。(俺の勝手な認識かもしれない。ごめんね)

そんな認識があるから安易に人前で「俺、平沢進好きでハマってるんだよね」なんて言おうものなら「あれ?こいつもしかしてヤベェ奴か?」などと思われるんじゃないかと無駄に心配になる。こんなにハマろうかどうか躊躇してしまうミュージシャンって平沢進とSyrup 16gくらいだと思う。

本当にどうしよう。

正直、フジロックのステージが圧倒的で心鷲掴みにされたんだけどさ。

ハマるのは何か躊躇っちゃうんだよな。

一般的な認識がどうとか以前に根本的な話をすれば馬の骨(平沢のファンの呼称)の皆さんに対して俺がよく分かんない相容れたくない意識持ってるのが悪いんだけど。

本当困る。

とりあえず平沢進の曲聴きながら考えるか。

それがいい。

そうすることにしよう。

ではでは。

The following two tabs change content below.

古衣

バンドとボカロ好きが高じてブログを書いたりDTMをしてすごしています。