メニュー 閉じる

“おはよう”を英語で?─ザ・リーサルウェポンズ─

答えはこうだ。(1:47くらいからよく聴いてね)

天才かよ。

先月初めて聴いてからヘビーローテーションが止まらない。何だよこの自分の好きなもの詰め込みました感。最高かよ。

ノリがおはスタの1コーナーみたいな雰囲気で底抜けに明るいのにFU◯K言いすぎでNHKとか地上波には出れなさそうなところとか滅茶苦茶好き。メタルロックバンドなのに絶対にコンプライアンスに引っかかる言葉使わない打首を見習えよ。まあ、そういうの気にしてないところが良い味出してるからそのままでいいんだけどね。

いや~、マジで小学校の運動会で曲流したいわリーサルウェポンズ。このノスタルジックなシンセポップは子持ちの親世代に刺さるぜ。来年運動会を控えている学校の先生、児童達のダンスのテーマ曲にザ・リーサルウェポンズをぜひ採用してください。俺、必ず見に行くんで。不審者な俺を逮捕しても良いからとにかくザ・リーサルウェポンズをよろしく。

という冗談は一旦置いといて。

実際、ザ・リーサルウェポンズは天才だと思うんだ。

かなり前に使い潰されたシンセポップというジャンルに濃いキャラクターとどう見てもターゲット層の年齢高め(10代はまず間違いなく理解できない)な世界観を絡めるというのはただ若者のおちゃらけたノリに乗っかろうとしてるだけの今時のミュージシャンからは出てきそうで出てこない発想。どちらかといえばYouTuberが考えつきそうだよね。東海オンエアとか。

そもそもメンバーの年齢自体が高いんだと思う。作詞作曲編曲全てヘルメット姿がお茶目なアイキッド氏がやってるそうだけど、この人たぶんそんな若くない。熱血ティーチャーのMV見てたら分かるぞ。(サイボーグジョーはよく分かんないけど一緒に活動してるんだからたぶん年齢近いでしょ)

プロレス技のチョイスが古い。

俺もアメリカはWWEからメヒコはCMLLまで幅広くプロレスが好きな人間だから分かる。このチョイスは10代や20代のチョイスじゃない。こんな4,50代のおっさん大喜びのチョイスが出来るはずない。U系とか国際プロレスとか知らない20代の若者の発想じゃないんだよ。

とか言ってる俺が20代前半の若造だったりするのでこの推理は思いっきり破綻してるんだけど気にしてはいけない。とにかくリーサルウェポンズは皆が思ってるより中途半端に年取ってる。絶対にだ!(もし若かったらSTFでもアンクルホールドでも指極め式のエグい腕十字でも何でも受けてやるわ!FOOOOO!!!)

さて、年齢の話も一旦置いとこう。さっき置いてきた冗談と一緒に後で焼却炉にぶちこんでやろう。

ザ・リーサルウェポンズの登場の意義についてちょっと思うところがあったので話させてほしい。

f:id:mspemg20:20190606235424j:image

皆さん、リーサルウェポンズのチャンネル名を見たことはありますか?

IROMON RECORD(イロモンレコード)。それが彼らの掲げるチャンネル名である。ここから分かる通り彼らは自分達がイロモン、すなわちイロモノであると宣言しているのである。

言われなくてもファッションからしてどう見てもコミックバンドだからそれは分かる。分かるんだけどデビューしたてのバンドがこんなに完成度高いって普通にヤバくないですか?まともな方面のバンドに例えるなら突然9mm Parabellum Bulletクラスのバンドが現れたようなもの。コミックバンドだから感覚掴みにくいんだけどね。

そんな完成された新人バンド、ザ・リーサルウェポンズがイロモンを名乗って登場したことによって後発のコミックバンドの敷居がガッツリ上がってしまったのではないかと俺は思う。

半端なネジの飛び具合では話にならない。イロモンとしてすら見てもらえない。下手すりゃ学生が仲間内でふざけてやってる学園祭バンドの延長くらいにしか見てもらえない。もはやキュウソネコカミみたいなメタ曲作ってればOKな時代ではないのだ。より鮮烈な刺激を消費者に提供する必要があることがリーサルウェポンズを見てるとよく分かる。

少なくとも彼らと同等か、ベクトルは違うけどヤバイTシャツ屋さん並の練り上げられたキャラクター性を確立出来なければ今後デビューするコミックバンドは生き残れないのではないだろうか。

こんな風に口で指摘してみて思ったけどリーサルウェポンズと同等かつ差異のあるキャラクター性を確立するのって凄く難しいことだと思う。後発のコミックバンドにはぜひとも頑張ってほしい。そして俺を、世界を笑わせてほしい。

あれ?

イロモノバンドってこんな真面目に語るようなものだったっけ?

まあ、いいや。

言いたいことは言ったし、ザ・リーサルウェポンズが面白いということさえ伝われば俺は満足です。

最後は雰囲気だけ無茶苦茶かっこいいクールな曲でお別れしましょう。

ではでは。

The following two tabs change content below.

古衣

バンドとボカロ好きが高じてブログを書いたりDTMをしてすごしています。