メニュー 閉じる

最高に踊れるダンスロックバンド─FABLED NUMBER─

数年前のFear,and Loathing in LasVegasの大ブレイクのおかげ(かどうかは断言できないけど)で近年ピコリーモとか電子音楽の要素が入った激しく踊れるバンドが注目されるようになったわけだが同時に1つ大きな問題が生じている。

その手のバンドの多くがベガスと比べられるのだ。

そして下手するとベガスのパクりバンドだの下位互換だのと不名誉な称号を得たりする。

とんでもないことだ。

それぞれのバンドにそれぞれの良さがあるはずだろ!まるっきり別バンドのパクりにしか聴こえないバンドがそんなにポンポンあってたまるか!

と言いたいところではあるが正直トランスとかハウスとかEDM的な要素を取り入れているバンドは確かにどれもベガスっぽく聴こえる。

俺よりも音楽詳しい人でもたまにシンセ使ってるけどそこまでサウンドが似てないバンドを指して「このバンド、ベガスみたい」とか言ってきたりする。

何だよ、もう。

ベガス影響力強すぎだろ。

他に電子サウンド使っててベガスと明確に毛色が違う面白いバンドいないのか?

そんな気持ちになっている人にお勧めしたいのが今回紹介する大阪のダンスロックバンド、FABLED NUMBERだ。

さっそく曲を聴いてみよう。

何このMV最高じゃん!

怒涛のお風呂シーンとボーカルの見かけによらないゴリゴリのタトゥー!

他のメンバーの体にも当然のようにタトゥー!

銭湯が舞台のMV自体は他にもあるけど断トツでヤバいオーラが出てる!

マジで最高じゃないですか!

テンション上がるなあ!!!

…いやいや、落ち着け自分。

言いたいのはそんなことじゃないだろ。

注目してほしいのはサウンドとVo.Eitaの歌い方だ。MVも面白いけどいったん保留。

サウンドに関しては電子音の使い方がベガスと全然違ってて凄く良い。

ベガスはどちらかと言えば曲をよりメロディアスにするために取り込んでいるのに対してFABLED NUMBERは割と素直に盛り上げるために使っている印象がある。

これが抜群のノリの良さに繋がっているんだろう。生で聴いたら絶対楽しいやつだ。

次にボーカルについてだけど、声自体は今風な高めの声なのでともすれば残念な感じに捉える人もいるかもしれない。

だが、そういう人が一定数いることを踏まえたうえであえて俺はEitaのボーカルは良いと言いたい。

Eitaの歌い方は基本的にクリーンだけど時々声を歪ませている。

こういう小刻みな荒々しさはノリの良さだけじゃないロックのテイストが伝わってくる大きな要因となっているので声が高いどうこう以前にきちんと評価すべき点だと思う。

あと俺は単純にこういう歌い方がとても好きです。

というわけで、

電子音を使いながらもベガスとは明確に違う、踊れるという点に関しては凌駕しているかもしれない独自のサウンドを生み出している唯一無二のダンスロックバンドFABLED NUMBER。

魅力的なバンドだと思うので皆さんに是非お勧めしたい。

ていうかこんな良いバンドが何年もブレイクしてないのおかしいだろ。

やっぱりバンド界隈って昔に比べて下火なのか?

なんて気にしていても始まらないのでこの記事を読んで「FABLED NUMBERええやん」と思った人はとりあえず他の曲も聴いてみよう。

最後に最新のMVを貼っておくので聴いてみてね。

ではでは。

The following two tabs change content below.

古衣

バンドとボカロ好きが高じてブログを書いたりDTMをしてすごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。