メニュー 閉じる

もしかしたら最強かもしれない日本語ロックバンド─鳴ル銅鑼─

俺の趣味の1つにカラオケがあるんだけど、そのついでにカラオケ屋で流れてるアーティストのCMを見るのも好き。

全然知らないアーティストがたまに出てるから後でチェックするのが意外に楽しいんだ。

今回取りあげる鳴ル銅鑼もそういうアーティストの1つ。

 

【とりあえず音源を聴こう】

 

世界観が独特すぎる。

イントロからすごく期待させてくるんだけどサビに入っても盛り上がりきらない。名状しがたい不思議な違和感がある。「味がある」なんて言葉では収まらない。

 

こういう書き方したら悪いようにとられるかも知れないので一応言っとくけど、この盛り上がりきらない感じはたぶんわざとやってる。

曲調がシンプルで妙にテンションが低いけどそのおかげでボーカルが際立っている。

ちなみに動画概要欄によると日本語の響きに拘っているらしい。言われてみれば歌詞に外国語がほとんど入ってない。

めちゃくちゃ歌重視のバンドじゃん。

 

最近のバンドはテクニカルな演奏をしたりポップで親しみやすい雰囲気を演出したりした云わば曲重視のものが多い。そうじゃないと有象無象だらけのバンド界隈では目立ちにくいのかもしれない。

そんな状況下で鳴ル銅鑼はそういうバンド達とは一風変わったアプローチをしている。

うん。

実に変なバンドだ。

 

【そもそもメンバーがおかしい】

ウィキペディアのメンバー紹介が面白かったのでそのまま載せておく。

三輪和也

(唄、六弦) 犬とチョコをこよなく愛する、現代に蘇った平安時代の貴族。 実家のペットであるフレンチブルドッグに中臣鎌足(なかとみのかまたり)と名付けるなど、時折前世の記憶がフラッシュバックすることがある。

蒲 信介

(六弦) ZONEの音楽の影響を受けてギターを始めるが、実際は幼少期にバッハと呼ばれていたことから恐らく楽器を持つ前から彼の音楽は始まっていたのかもしれない。 父親がUFOと交信できるらしい

グローバル徹

(四弦) 前世がわかるという占い師から、前世が中国人の殺人鬼であることを告げられたことがある。 元々はバイオリニストではあったが、弦の数が一緒ということと、平安時代の貴族からのオファーによってベースを始める。 本名はグローバル徹

岩田遼平

(太鼓) ゲームセンターのドラムマニア出身であることが実はちょっと恥ずかしく秘密にしたいらしい。 毎回CDのリリースの度、クレジットを変えることとなっており、本人曰く「正直めんどくさい」と語っている 趣味は人とドラムを叩くこと

 

(出典元↓)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/鳴ル銅鑼

書いた奴正気か?

 

【最新のMVも世界観全開】

 

最初に見せたMVは5年前の物。それに比べたらずいぶん垢抜けて今風のオシャレなMVになってる。

 

でもバンドのスタイルは全然変わってねえ

 

かたくなに無理をしてない演奏にはむしろ好感がもてる。

そしてボーカル。相変わらずの強烈な個性の塊で巻き舌が凄い。これが平安貴族か。やベー奴じゃん。

 

【今後もこのスタイルを貫いてほしい】

癖が強いのは確かなんだけど、正直すごく面白いバンドだと思う。個性的という観点で見れば最強。歌中心で世界観作ってるバンドなんてそうそう無い。

鳴ル銅鑼は最近のバンドの中では唯一無二という点で他の追随を許していない。と言うかバンドとしての系統が他のロックバンドと違いすぎる。同じ土俵に立ってない。

同じスタイルの競合他社がいないことを鑑みれば鳴ル銅鑼がこれから一躍有名になる可能性は意外と高いんじゃないだろうか?

 

興味を持った人は公式サイトをチェックしよう。

 

The following two tabs change content below.

古衣

バンドとボカロ好きが高じてブログを書いたりDTMをしてすごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。